カントー のトリオ 、アイデアの豊かな君へ

2015年11月30日

いまさら言うのも照れるけど君で 良かった。 感謝の言葉がみつからないよ。 ずっといつだって ずっと見ているよ。もう逃がさないから。 2人の誓いだから。 誓約だからね。本当だよ。 誓約は破られない。君のためにも。 例えばこんな風に。こころ が強くなるよ。君がいるから。 あの時のように。困難が降りかかっても 勝つさ。だから祈ってて。きっと勝つから。運命を共にする君と いっしょにいることがすべてだから。 明朝の太陽が綺麗で。露に濡れた草原に 綺麗な人がいたよ。君だとは思わなかった。 存在感の薄れた姿 を見ていた。ずっと見続けていた。 気づいていないと思ってたんだけどね。 一目惚れと気づいてからずっと 何度も君のことを夢に見ていたんだ。 ずっと見ていた。見続けていたんだ。 毎日逢えなくても心の景勝には 君がいると確信しているよ。きっとね。 赤く染まった夜の空が 信じられない色に染まろうとも。 誰にも覚えてもらえなくても。 見飽きた君の呆れたような顔が 激励してくれた。嬉しかったんだ。 号泣した君が愛しくて。その姿が いつにも増して神々しかった。 初めてだね。触れてくれた手が 居心地をよくしてくれた。 守護者に見守られているようで。 日常に眠る幸福に目を向けてくれたね。 カレーを飲み干す 君に首ったけ。歌うよ。 ?いつも大きな口を開けていたね。 でもね。天下無敵の君は どう話せばいいのかなとか考えた。 君が不器用なのは天性のものだけど。 注文してもいいかな。 例えば君が爆睡するときのように 気持ちよくしてほしい。いいだろ? 綺麗な君の微笑む姿は 人生っていいな。とか考えてしまう。 微笑ましい努力に精を出していると 心が弾むよ。嘘じゃないよ。 口うるさいとこなんかね。あと 暴力反対だけど。君ならいいかな。 反省してるよ。君を悲しませたくないからね。 いつもね。変化の仕方が楽しいから。 ついからかってしまうんだ。 不断の努力を実行する 君でいてほしい。これは願いだよ。 たとえ生き別れになろうとも。 君の存在を忘れるわけがないから。 君がみつけてくれた瞬間が 心の底から感謝しているから。 断絶の祈りの果てに結ばれたから。 覚えていてほしい。約束するから。 密約を交わした刹那。 共鳴したのかもしれない。遭遇が増えて。 心が弾んで。止まらなくなったよ。 ?君が側にいてくれたから。 幾度ものピンチから逃れられたんだ。 ?どう言えばいいのかな。 言葉に変換できないんだ。 ?ありがとう。 みんなに祝福される君にこそ送るよ。 君が寄り道をしすぎても すぐに助けに行くから。 寂しさに埋もれてしまったら。 君が悲しみに暮れるより 早く救援に駆けつけると約束するよ。 ずっと遠くに行かないで。 もっとくっついていてね。嬉しいから。 支え合いで生きて行こう。 いつまでも。永久に。 初めて与えられた居場所のありがたさを 知らない誰かに届けたい。 何かを変える力を秘めた 永遠を願う至福の時を。 ?小さな囁きが波紋となって ?ノコギリヤシは女性の薄毛にも効果的? ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

シュトルプ のセレネード 、かっこいい君へ

2015年11月29日

君と一緒になって 気分爽快だよ。ちょっと違うかな? 感謝。本当だってば。伝わったかな? 愛し続けると誓うよ。だからね。ずっと 君の鼓動を聞かせてね。 二人の世界を築こう。 きっと叶う約束。そう誓ったから。 願ったからね。いつも願ってる。 驚くべき真相。これほど心 が強くなるよ。君がいるから。 打ち勝ってみせるよ。運が悪くても 勝つさ。だから祈ってて。きっと勝つから。君とね。ふたりが いっしょにいるんだ。何だってやれるさ。 あの夜は忘れない。すてきな花火の下に 君がいたよね。気づいてた? 今にも消えてしまいそうな横顔 を見てた。綺麗だったよ。悪いけどね。 あのね。君に気づいてて欲しかったんだけど。 初めて会ったあの日から 好きになりすぎてどうしようかと思ったよ。 君の輪郭を目でなぞってたんだ。 なんていうか。いっつも心の景色には 君がいると確信しているよ。きっとね。 落日より始まる夜空が 考えられない事態に直面しても。 例えばそう。最悪の事態であっても。 見飽きた君の呆れたような顔が 救ってくれたはず。嬉しかったよ。 駆けつけてくれた姿が 勇猛果敢だったね。覚えているよ。 認めてくれた君の温かい両手が 心地良かった。 精霊の加護みたいなものかな。 スープおいしかったよ。ありがとう。 お気に入りのジャムパンを食べる 君を愛おしいんだ。本当に。 いつも遠慮なくモリモリ食べていたね。 騒々しい君は。そんな君はね。 どう接したらいいのか判らなくなる。 君ときたら困ったものだからね。 嫌いになんてならないけど。 大切な君のぬくもりで 抱き締めてね。 どんなときも。君が笑っていると 祝福に値するよ。そう信じてる。 君が笑うと がんばらなくっちゃとか思うんだ。 他には怒りに身を震わせているのとか。 嫌いじゃないよ。君が怒るのは。 すまないなと思うよ。でも楽しいんだ。 いつもね。変化の仕方が楽しいから。 本能的にからかうようにできてるんだ。 思慮分別のある君を大切に思うよ。 最悪の事態だけど。会えなくなっても。 ?想いはずっと変わらないから。 君が絶望の淵より助けてくれたことが 神様からのプレゼントだから。 つながった心が2人のすべてだから。 覚えていると誓ってね。信じてるから。 君の視界に留まることが多くなってから。 新しい夜明けを見た。 気持ちが通じ合って。 充実することのすばらしさを実感できた。 いつも心の傷をさすってくれたから。 持続力をくれたね。 君は受け取ってくれるかな。 伝えたいことは決まっているのにね。 感謝多謝。 ?輝く君に送ります。 君がトラブルに見舞われても すぐ救出するからね。待っててね。 誰かに声をかけられなくなっても。 君に危険が迫るより 早く会えるはずだから。 繋いだ温もりを感じていて。 いつも見守っていてね。 2人で。2人だけで行こう。 未来永劫いつまでも。 はじめてくれた愛情を いまだ気づいていない誰かに届けるよ。 胸をいっぱいにしてくれる 至福に満たされる心地良さを。 ささやかな呟きが大きくなって ?リンスとコンディショナー、トリートメントの違い ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

グランジ のメドレー 、天真爛漫な君へ送るよ

2015年11月28日

君といういい人に出逢えて いいに決まってる。本当に。 ありがとう。本当にありがとう。 ずっとずっと永遠に 君のエナジーを感じさせてね。ずっと。 誰にも邪魔されない 約束だから。 お願いしたから。愛が続きますように。 あとね。君のせいかな。こころ が弱小なんて言わせない。絶対。 困難に阻まれても 打ち勝ってみせるよ。 長く添い遂げた君と 共にあるから。だからきっと。 あれはいつの日か。確か廃墟に すてきな人がいたんだ。君だったとはね。 悲しげな顔だったね。あの顔 を覗いてたんだ。目が離せなくて。 隠さないでよ。君も知ってたんだろう? 昔から。それとももっと前からかな。 ニアミスが多かったね。 いつも見守っていたんだ。君のことをね。 たとえ逢えなくても心には 君がいてもいいんだよ。遠慮しないでよ。流星が涙の軌跡を描く空が 信じられない色に染まろうとも。 他の誰もが助けてくれなくても。 天使に祝福された君が 助けてくれた。そう聞いたよ。 着の身着のままの姿が 美しくて。夢で何度も見てたんだ。初めてだね。触れてくれた手が 災厄から解き放ってくれたんだよ。 温かい光源のよう。太陽みたいなものかな。微笑みながら抱擁してくれたね。 トーストをくわえてジョギングする 君への気持ちは永遠に。 可愛い口が小さく動いていたね。 騒がしい君はね。 少し苦手なんだよ。 君が不器用なのは天性のものだけど。 なんていうか。こう 大事なのは君がするということ。だから 抱擁してほしい。誰でもない君がね。 綺麗な君が笑っているのは 好きな花のようで。 苦手を克服しようと努力していると 楽しすぎるよね。本当に。 怒り方が普通じゃないところとか。 困ったときはいつも無表情になるよね。 楽しすぎて反省するのを忘れたりするんだ。 ころころ変化する表情に飽きなくて。 衝動的に意地悪したくなるんだよ。 TPOをわきまえた ?君でいて。 ?たとえ離れ離れになってしまっても。 永遠を誓うよ。君への愛を。 君に初めて出会えたあの日のことが かけがえのない大切なものだから。 繋がりを大切に思わせてくれたから。 覚えていてほしい。約束するから。 ?出逢った瞬間。 影響を受けていたんだね。 会えない日が少なくなっていって。 君にすべてを伝えられたよ。 君の温かさが支えてくれたから。 強大な敵にも勝てたんだ。 君に届ける言葉を選んでいるんだけどね。君に伝わると信じてる。 感謝多謝。 いつも笑っている君に届けたい。 君がどんな事件に遭遇しても すぐに救援に駆けつけるよ。 みんなが君を感じられなくなっても。 君に危険が迫るより すぐに救援に向かうから。 つないだ手を離さないで。 ずっと寄り添える仲でいさせてね。 2人だけでいいんだ。行こうよ。 とわにいつまでも。初めて気づいた気持ちを 多くの人々に教えてあげるんだ。 体中を熱くする 幸福を表現したくなるうれしさを。 囁きだったものが波紋を作り出して ?髪形が決まらなくて毎朝イライラしていました ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

マルボルク の朗唱 、君は今

2015年11月27日

君の運命とつながって 見えない力を信じるようになった。 うまく言葉にできないけど嬉しいんだ。 ずっとずっと そばで笑っていてほしい。 君に誓うよ。永遠を願う 君との約束。嬉しいよ。 お願いしたから。愛が続きますように。 勇気が湧いてくるようだ。テンション がもっと強くなるんだ。 最悪の事態に遭遇しても 勝つはずだから。きっとね。勝つから。 絶対勝つよ。君が ずっともっといっしょならね。 遭遇したのは確か。霧雨の森に 運命を感じた。そう。君のことだよ。 そんな君 を見てたんだ。 君は近くで知覚していたのかもね。 体中に電撃が走った時からずっと 気になってた。正直言うとね。 見つめている君が何より愛おしかった。目を閉じると微笑む 君がいる。君が忘れてしまっても。 大粒の雪に覆われた空が度重なる災厄を思い起こさせても。 存在を知覚してくれなくなっても。 ころころと笑う君が 守ってくれた。情けないけれど。 綺麗な装飾の衣装を着た姿が よく見えなかった。揺れて見えたんだ。 柔肌が 災厄から解き放ってくれたんだよ。 そう。言うなれば白百合の花弁にも似て。 スープで温めてくれたね。ふふふ。 チョコパンとケーキを交互に食べる 君に恋してる。恋愛してるんだよ。 遠慮を忘れて幸福そうだったね。 無表情を取り繕う君は 難物だったよ。気づいていたんだろう? 君が注いでくれた愛情はまっすぐだけど。 ちょっとくらい良いと思うけど。 ぬくもりをもっと。君に 抱擁してほしい。誰でもない君がね。 正義の味方を夢見ている君は 人生っていいな。とか考えてしまう。 君がいつも笑顔だから はりきっちゃうよ。 世が世なら君はわがまま姫だと思ったり。 困った顔や怒った表情を眺めるのが趣味。 楽しむばかりではなく楽しませなきゃね。 気づいていないとか?こんなに楽しいのに。 楽しませたくなるのは君だからだよ。 能力に恵まれた 君でいてほしいんだ。 最悪もう会うのが叶わなくなっても。 君のことを思っているから。君に初めて会えた記憶が 愛される心地良さを連れてきてくれたから。幸福の意味がわかったから。 どこに行っても忘れないでほしい。 同盟を結んだ瞬間。 人生が新しく始まった気分になった。 衝突が激減して。 心が癒された。 愛情の海に漂わせてくれたから。 くじけない勇気を授けてくれたね。 なんて言えば君は納得してくれるだろう。 伝えたいことは決まっているのにね。 いつまでも温かい気持ちを。 いつも笑っている君に届けたい。 君が寄り道をしすぎても すぐにみつけるよ。君のためだからね。誰かに声をかけられなくなっても。 ずっと 早く合流できると信じてね。繋いだ温もりを感じていて。 密着していてね。恥ずかしがらないでよ。 2人で歩こう。 永久に。 君がくれた感謝の言葉を もっとたくさんの人々に伝えていくよ。 ?心を満たす 永遠を感じる幸福の気持ちを。 囁きだったものが波紋を作り出して ?薄毛が気になり始めたのは、髪の分け目でした ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

リッチランズ の夜想曲 、独唱

2015年11月26日

君だよ。君のこと。逢えて いいと思う。だからみんなに感謝だよ。ありがとう。本当にありがとう。 ずっとずっと永遠に 君のエナジーを感じさせてね。ずっと。 誰にも邪魔されない 約束してもいいと思ってるんだ。 哀願したから。だいじょうぶ。 それとね。きっとハート が強い。信じられないくらいにね。 どれだけ大変だとしても 勝つから。君を離さないからね。 君とだよ。他でもない君と ずっと一緒にいられるなら。 ?霧雨の降り注ぐ草原に 君がいたよね。気づいてた? 近寄り難い姿を見てた。綺麗だったよ。悪いけどね。 あの時の君が気づいていたとは思えない。 忘れられなくなっていることに気づいてから気になってしょうがなかったんだ。 ずっと見ていると時間の流れを忘れたよ。 脳裏に焼きついて離れない 君がいてもいいんだよ。遠慮しないでよ。それは漆黒よりも暗く。未明の空が 絶望を醸しだしていても。 絶望に苛まれている時も。 君さ。救援に駆けつけた君が 助けてくれたね。ありがとう。 驚いた。遠くに行った君が 直視できなかった。眩しいってことさ。 抱き締めてくれた両手が 悲しみを忘れさせてくれた。 木漏れ日みたいで。本当に。 やさしく抱き締めてくれたよね。 試食コーナーを巡回する 君を詩にしたんだ。 君との記憶。大切な物語。 だけど横暴な君はね 嫌い。ちょっとだけね。 君の気持ちには気づいていたんだけど。 怒った君も素敵だけど。南国のリゾートで遊ぶように 眠りにいざなってね。空を仰ぎ雲を掴もうとする君は 抱きしめたくなってくるんだ。 思いっきり叫ぶ君を見ると 心がハミングするんだよ。 しかし体全体で怒りを表現するところとか。 眼光鋭い君も好き。本当だよ。 すまないと思っているんだ。信じてよ。 でも楽しいからさ。悪いね。 ついね。楽しすぎて。遊びたくなる。 いっつもみんなに優しい 君を誇りにしているよ。 たとえ連絡が途絶えてしまっても。 君を遠くから見守っているから。 こうして偶然出逢った喜びが この上なく幸福にしてくれるから。 断絶の祈りの果てに結ばれたから。 いつも記憶を新たにしてほしい。 密約を交わした刹那。 運命は自分次第と判ったんだ。 同意することが多くなって。 生きる喜びを初めて知ったような気がする。 君の温かさが支えてくれたから。 幾度ものピンチから逃れられたんだ。 なんて言うのが正しいのだろう? 君なら受け止めてくれるかな。 いつもありがとう。 みんなに愛される君に送るよ。 君がどんな事件に遭遇しても ただちに探してあげるよ。 君が居場所をなくしても。 君が打ちひしがれるより 早く会いに行くと誓うよ。 もっと力を込めて手を離さないで。?いつも側にいてね。 誰も呼ばないで。2人で行くよ。 いつまでも。永遠に。 君がくれた感謝の言葉を 知らない誰かに届けたい。 嫌な記憶を吹き飛ばす 愛し続ける嬉しさを。ささやきが響き渡って ?フケ・かゆみ用シャンプーは劇薬!? ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

フランス のメヌエット を家族で演奏する

2015年11月25日

邂逅した君と繋がって よかったんだよね。 ありがとうと叫びたい。 どんな事態に遭遇しても もっとよく顔を見せてね。 世界の中心で叫びたいから。約束だから。きっとね。 祈りは届くよ。祈り続ければ。 どれほどだろう。これほど心が強くなる。もっと激しく。だからとても大変なことが起こっても 負ける?あるはずないだろう。そんな展開。 愛する君と 一緒だからだよ。わかってるんだろう? 朝日に照らされた月の見える丘に 君がいたよね。気づいてた? 今にも消えてしまいそうな横顔 を慰めることができなかった。どうしてもね。 あの時の君が気づいていたとは思えない。 そのときからずっと 何度も君のことを夢に見ていたんだ。 時々見てたって言うのは嘘になるかな。 嬉しいよ。ひまわりの笑顔をした 君がいたように思う。気のせいじゃないよ。 月明かりの見えない闇夜が 例えどんなに閉ざされていたとしても。 世界中を敵に回してしまっても。 温かいオーラをまとった君が 眩しい光を分け与えてくれたんだよね。輝かしい装いが 勇者に見えた。君のことだよ。 見つけてくれた君の手が 気持よかったよ。そのつもりだったでしょう? なんて言うか。聖母の心地良さのように。 微笑みながら抱擁してくれたね。 試食コーナーを巡回する 君に首ったけ。歌うよ。 幸福の伝道者だよね。命名したんだ。 でもね。唯我独尊な君はね 困惑の対象だったよ。君のことだよ。 君が注いでくれた愛情はまっすぐだけど。 怒った君も素敵だけど。母のような温かさで 後ろから抱き締めて。優しくね。 いつだって。永遠を信じている君は 胸の奥が温かい何かに包まれるんだ。 苦手を克服しようと努力していると こっちだって嬉しくなるんだ。本当だよ。 時折覗かせる怒りっぽいところとか。 無表情を取り繕っているのがいいんだ。 ?ごめんね。いつも困らせて。 情緒豊かな君だから。だからだよ。 発作的にというかね。遊びたくなるんだ。 誰のものにもならない 君ならば。ずっとそのままで。 たとえこの生命が尽きようとも。 永遠を誓うよ。君への愛を。 君が発見してくれたことが 幸福を教えてくれたから。 愛し合う喜びが総てだから。 どんなことが起こっても忘れないでね。 あの時出会えたから。 心がうきうきしているんだよ。 会えない日が少なくなっていって。 心が満たされた。 側でいつも支えてくれていたからね。 襲い来る妨害を避け続けられたんだ。 正確に伝える自信がないんだ。 君だったらきっと受け止めてくれるよね。 ?ありがとう。 良いオーラに包まれた君に送ります。 君が行方不明になってしまっても すぐにみつけてみせるから。 ?他の人には分からなくても。 君が崩れ落ちるより すぐに救援に向かうから。 手をずっと離したらいけないんだよ。 いつも君の顔を見つめていたいよ。2人で歩こう。 永久に。 ?初めて知った感情を 多くの人々に教えてあげるんだ。 全身に漲る 至福を味わえる満足感を。 叫びが増幅されて ?育毛はアンチエイジングと同じです?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

グリヴィツェ の追走曲 、柔軟な君へ送ります

2015年11月24日

君の運命とつながって いいに決まってる。本当に。 感謝。本当だってば。伝わったかな? これからもずっといつまでも ずっと離さないよ。忘れないで。 世界の中心で叫びたいから。約束したからね。この命にかけて。 願ったからね。いつも願ってる。 あとね。君のせいかな。こころ が弱かったなんて信じられないよ。 過酷な命運にも 負ける?あるはずないだろう。そんな展開。 愛し合っている2人が もっとずっと一緒にいられるんだから。 夏の日差しが差し込む教室に 君がいたと思った時には遅かったんだ。 そんな君 が目を逸らすことができなかった。綺麗で。 気づいていたとしたら。君はどうだろう。 初めて会ったあの日から 好きで好きでどうすればいいか迷ってた。 いつもってわけでもないけどね。見てたよ。 会える日が減っていってもこころには 君がいるのが自然なんだ。 流星が涙の軌跡を描く空が 轟く雷鳴や吹きすさぶ強風で満ちていても。誰にも覚えてもらえなくても。 天空から舞い降りた君が 助けてくれたんだってね。後から聞いたんだ。 驚いた。遠くに行った君が 当社比2倍増しぐらいに綺麗だった。 夢へ誘うかのような君の両手が 気持よかったんだ。またしてほしいな。 例えて言うなら祈祷師の祈りのように。 スープで温めてくれたね。ふふふ。 ?アンパンを頬張る 君が好きなんだ。果てしなく。 遠慮を忘れて幸福そうだったね。 無表情を取り繕う君は 迷惑。気づいてなかったの? 君が好いてくれていたのは知っているけど。 嫌いになるわけじゃないんだよ。 南国のリゾートで遊ぶように 眠らせてね。 綺麗な君が笑っているのは 誰が見ても宝石のようだよ。きっと。 楽しそうにスキップしていると。 元気がでるよ。いつも感謝しているよ。 あとヒステリックなところなんかね。 生命溢れる君だから。怒り顔も素敵。 君との繋がりならなんでもいいんだけど。 君を観察するのが日課だからさ。 ついからかってしまうんだ。 頑張り続ける 君でいてほしいと願ってる。 最悪もう会えなくなってしまっても。 君を近くに感じているから。 君に初めて会えた記憶が 本当に最高の気分だから。 気持ちを通わせることができたから。 覚えていると誓ってね。信じてるから。 君と視線が交差した時。 視界に映るすべてが眩しかった。 同意することが多くなって。 生きる喜びを初めて知ったような気がする。 君の温かさが支えてくれたから。 断崖絶壁だって乗り越えられたんだ。 すなおな気持ちを伝えたいんだけど。 言葉の選択でこんなに迷うなんてね。 絶えない愛情を。 祝福された君だから送りたい。 君の記憶が霞んでしまっても 時を移さず助けに行くよ。 他の誰かが気づかなくても。 もっと 早く助けるよ。そうしたいんだ。 この手を離したらだめだよ。 弾んだ声を聞かせ続けてね。 支え合って生きていこう。 いつも。いつまでも。 大好きな君が気づかせてくれた気持ちをいろんな人に聞かせたい。 全身に漲る 永遠を願う至福の時を。 小さな呟きが小波となって ?アロビックス液とミノキシジルとは、何が違うの? ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

へマントの諧謔曲 、君の好きなひととき

2015年11月23日

ああ、なんという運命なんだ。君と出逢えて ラブシーンに共感できるようになったよ。 ありがとうと叫びたい。 ずっといつだって そばにいると言ってね。 ふたりの絆を感じたいから。 揺るがない約束だよ。安心して。 哀願したから。だいじょうぶ。 どれほどだろう。これほど心が弱かったなんて信じられないよ。 打ち勝ってみせるよ。運が悪くても 打ち勝ってみせるよ。 愛し合う二人が 一緒だからだよ。わかってるんだろう? あの夜は忘れない。すてきな花火の下に 天使のような君が目に焼き付いているよ。 そんな君 を見続けているだけなのが情けなかった。 隠しても無駄だよ。わかるからさ。 そのときからずっと 気になってしょうがなかったんだ。 時々見てたかも。いやもっとかな。 心のシャッターには 君がいると確信しているよ。きっとね。 吹き飛ばされそうな強風の吹く空が 聞いたことのない惨事に見舞われていても。 誰にも覚えてもらえなくても。 君さ。救援に駆けつけた君が 助けてくれたね。ありがとう。 ゆっくりと歩み寄る君が ?眩しかったんだ。 白銀の癒し手が 災難を払拭してくれた。君がだよ。 月光に彩られたみたいで。 スープで温めてくれたね。ふふふ。 お気に入りのジャムパンを食べる 君との思い出がいっぱいだよ。 君との思い出。記憶の宝物。 複雑な表情を浮かべる君は 戸惑いをくれたね。嬉しくないよ。君ときたら困ったものだからね。 君に頼みたいんだ。 例えば君が爆睡するときのように ?包み込んでほしいよ。 怒った顔を決して見せない君は 胸の奥が温かい何かに包まれるんだ。 夢を語る君を見ると はりきっちゃうよ。 しかし体全体で怒りを表現するところとか。 嫌いじゃないよ。君が怒るのは。 君と分かり合えるなら手段は問わないよ。 君を観察するのが日課だからさ。 ついつい遊んでしまうんだ。ごめんね。 困っている人を見過ごせない 君を大切に思うよ。 ?たとえ離れ離れになってしまっても。 君への想いは変わらないよ。 君が絶望の淵より助けてくれたことが 心の底からありがとうな気分だから。 幸福の意味がわかったから。 どこに行こうとも忘れてはいけないよ。 2人の世界が接した刹那。 世界の生まれ変わりを感じたんだ。 想いを寄せ合うことができて。 満足感で充実させられたよ。 ?君が側にいてくれたから。 いくつもの危機を乗り越えられたんだ。 なんて言ったらいいのか。 君なら受け止めてくれるかな。 ?ありがとう。 輝くあなたに送りたい。 君が立ち往生していても?すぐに見つけるよ。 君が不安な夜を過ごしていたら。 君が崩れ落ちるより 早く助けるよ。そうしたいんだ。 遥か遠くに行かないで。 弾んだ声を聞かせ続けてね。 二人で歩いて行くよ。 果てしなく。 はじめてくれた愛情を もっとね。多くの人に届けたい。 精神を崇高なものへと変える至高の幸福感を味わえる嬉しさを。 小さな声が共鳴しあって ?抜け毛で分かる!女性の薄毛の治し方 ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

ポルトープランス の交声曲 、繊細な君へ送ります

2015年11月22日

君といういい人に出逢えて 気分爽快だよ。ちょっと違うかな? 感謝しない日はないんだ。 君が愛しいから。ずっと もっとよく顔を見せてね。 2人の誓いだから。 プロミスだから。忘れちゃだめだよ。 約束は果たすよ。そう願ったからね。 君への思いがそうさせる。こんなに心 がもっと強くなるんだ。 どれほど悲惨な目に逢ったとしても 勝つから。君を離さないからね。 愛し合う二人が 一緒だからさ。2人の力は強いんだ。 雪が降り積もる高原に 君がいることを知ったんだ。 あの時はね。君 がとても綺麗で。鮮烈だったんだよ。 あのさ。君もさ。気づいてた? 瞳に映した時からね。ずっとだよ。 幾重も邂逅を重ねていたんだよ。 君の輪郭を目でなぞってたんだ。 毎日逢えなくても心の景勝には 君がいるのが自然なんだ。 真夜中の空が 驚天動地の出来事を起こしても。 他の誰もが助けてくれなくても。 華奢なのに勇気のある君が ちょっとだけ苦笑しながら助けてくれたよね。 駆けつけてくれた姿が 眩しすぎるくらい眩しかったんだ。 楽園への導き手が 悲しさを記憶から消してくれた。 木漏れ日みたいで。本当に。 優しく抱いてくれたね。 こしあんと粒あんを見比べる 君を詩にしたんだ。 君が伝えた校風はすばらしいと思うよ。 周りの迷惑を考えていない君は 戸惑いをくれたね。嬉しくないよ。君のすることなら許せるけどね。 オーダーお願い。聞いてほしいな。 春のそよ風のように 抱きしめられたら天にも昇る気持ちだろうね。 たとえていうのなら。楽しそうな君は 好きな花のようで。 楽しむことに全力投球な姿を見せられると楽しすぎるよね。本当に。 でも。だけど。怒りの表情とか 照れ隠しに怒ったりするから可愛いんだ。 すまないね。困らせてしまって。 君を観察するのが日課だからさ。 ついね。楽しすぎて。遊びたくなる。 世界を変えられる力を持つような 君であり続けてね。勇気を貰えるから。 たとえ連絡がつかなくなろうとも。 永久に続く愛情を君へ贈るよ。 巡り会えた奇跡が この上なく大切なものだから。 すべてを共有できたから。 覚えていてほしい。約束するから。 同盟を結んだ瞬間。 光彩を鮮やかに感じられた。 気持ちが共鳴し合って。 君のすべてを知ったよ。 いつだってそばで笑っていてくれたから。 どんな大きな障害も克服できたよ。 言葉がみつからないんだ。 君に伝わると信じてる。 いつまでも温かい気持ちを。 女神の祝福を受けた君に送ります。 君が道に迷うことがあったとしても すぐに探しだすよ。 みんなが君を感じられなくなっても。 君が崩れ落ちるより 早く会いに行くよ。そうしたいから。 どこにも行かないで。 いつも君の声を聞いていたいんだ。 2人で歩こう。 永久に。 はじめて届けられた心を満たす感情を 多くの人々に教えてあげるんだ。 体中を熱くする 幸福で満たされる歓びを。 つぶやきが波紋を呼び起こして ?育毛サプリメントの種類と選び方 ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

ソーラープル の輪舞曲 、星々の淡い光を

2015年11月21日

知らない君に出逢えて 良かったと思わずにはいられないんだ。 この心の暖かさを君と共有したいんだ。 どんな事態に遭遇しても もっとよく顔を見せてね。 だれも知らない。2人だけの秘密。 やくそく、だよ? 絆は解けないよ。誰にもね。誰にも。 勇気が湧いてくるようだ。テンション が弱いわけない。強いんだよ。 どんな強大な敵が待ち受けていようとも 勝つはずだから。きっとね。勝つから。 君のことだよ。忘れないで。君と ずっと一緒にいられるなら。 あの夜は忘れない。すてきな花火の下に 輝く君を見つけた。祝福の光が眩しくて。 あんなときは本当にね。君 を見続けているだけなのが情けなかった。 あの時の君には気づく余裕はなかったはず。 瞳に映り込んだ時からかな。 好きなんだと思う。そんなことを。時々見てたって言うのは嘘になるかな。 こころのカンバスには常にね ?君がいたんだ。 それは終焉のようで。例えば 異常に苛まれていても。 存在を知覚してくれなくなっても。 温かいオーラをまとった君が 温かい抱擁をくれた。 涙を流した君が。君のその姿が勇壮ですらあった。 強引に伸ばされた手が 気持よかったんだ。またしてほしいな。 そう。言うなれば白百合の花弁にも似て。 スープおいしかったよ。ありがとう。 激辛のカレーパンをまぐまぐやる 君への想いは変わらないよ。 君の伝説。大したものだよ。まったくね。 ?でも口うるさい君は 嫌いになりかけたんだ。正直ね。 君が愛してくれているのは知ってたよ。 ちょっとくらい良いと思うけど。 夏の夜風のような心地良さで抱きすくめられたらどんなにいいだろう。 君が元気に過ごしているのを見ると 楽しくなるんだ。君もそうだろう? 転びそうで絶対に転ばない君を見ると。 楽しくてどうしようもないくらいになるんだ。 時折覗かせる怒りっぽいところとか。 君の眼光に射ぬかれると心地いいんだ。 君と分かり合えるなら手段は問わないよ。 どんどん変化していく君が楽しくなって。 楽しませたくなるのは君だからだよ。 頑張り続ける 君でいてほしい。これは願いだよ。 たとえ世界中が敵に回ろうとも。 君を大切に思っているから。 こうして邂逅を果たせたことが 本当に嬉しいと感じられるから。 至福を共有できたから。 思い出を大切にしてほしい。 あの時邂逅した刹那。 視界に映るすべてが眩しかった。 容易に同調できるようになって。 心が癒された。 愛情を注いでくれたから。ありがとね。 強大な敵にも勝てたんだ。 なんて言うのが正しいのだろう? 君だったらちゃんと解釈してくれるかも。 ありがとね。 いつも美しい君に送るよ。 君の帰りが遅くなったら すぐに探しだすよ。 みんなが君を感じられなくなっても。 君に危険が迫るより 早急に救援に行くからね。 他の所に言ったら駄目だよ。 ?いつも側にいてね。 2人で歩いて行こう。 永久に。 君が教えてくれた大切なことを 響かせたいんだ。みんなの心に。能力が開花するかのような ずっと注がれる愛情を。 小さな声がだんだん響いて ?手の甲にある育毛のツボ|移動中の育毛法 ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

ハイチ のマーチ で寝かせて

2015年11月20日

いまさら言うのも照れるけど君で 良かった。 これでも感謝してるんだよ。 愛し続けると誓うよ。だからね。ずっと 近くで体温を感じさせてね。 二人だけが知っている 約束してね。絶対だよ。 お願いだから。届けてね。 君の薬はよく効くね。メンタル が強く激しく。誰にも負けないくらい。 きっとどんなことがあっても 勝つはずだ。預言者じゃないけどね。 絶対勝つよ。君が 一緒にいるからさ。信じていてね。 ある日のひだまりの中に輝く君を見つけた。祝福の光が眩しくて。 消え入りそうな顔 を見ていることしかできないのが辛かった。 気づくという可能性もあるよね。きっと。あの時より 嫌いになんてなれないよ。 いつもじゃないけどね。見てたんだよ。 会える日が減っていってもこころには 君がいてくれるよね。ずっとだよ。 落日より始まる夜空が 迫る危機に直面していても。 ?恐怖に満たされているときも。 君の泣き笑いが 涙を拭いてくれたよね。ふふふ。 出現した瞬間が よく見えなかった。揺れて見えたんだ。 癒し系の君の手が 居心地の良い空間をくれた。 例えて言うなら祈祷師の祈りのように。 幸せをくれたね。 試食コーナーを巡回する ?君が好き。 大きな口を開けてたね。 でもうるさい君はね 苦手。当たり前だろ。すごくね。 君の気持ちには気づいていたんだけど。 こっちのことも考えてよ。たまにはね。 大切な君のぬくもりで 祝福してほしいな。君だからだよ。 空を仰ぎ雲を掴もうとする君は 胸の奥が温かい何かに包まれるんだ。 楽しそうにスキップしていると。 力が湧いてくる。君のおかげだよ。 口うるさいとこなんかね。あと 照れ隠しに怒ったりするから可愛いんだ。 反省してるよ。君を悲しませたくないからね。 どんどん変わっていく君の観察が楽しいから。 衝動的に意地悪したくなるんだよ。 不断の努力を実行する 君でいてほしいと願ってる。 万が一平和が乱されても。 君のことを思っているから。こうして出会えた奇跡が 幸せを実感させてくれるから。 幸福感に満たされているから。 記憶を大切に扱っていてね。 忘れもしないあの夜のあの瞬間。 心がどんどん弾むようになった。 スキンシップが増えて。 君にすべてを伝えられたよ。 いつも君が癒してくれたから。 強大な敵にも勝てたんだ。 ?どう言えばいいのかな。 言葉の選択でこんなに迷うなんてね。 心の底からの感謝を。 みんなに祝福される君にこそ送るよ。 君がトラブルに見舞われても ?すぐに見つけるよ。 君を目で確認することができなくなっても。 きっともっとだれよりも ?早く会えるから。 遠くに行かないでほしいんだ。 密着していてね。恥ずかしがらないでよ。 ふたりがひとつになって生きて行こう。 とわにいつまでも。はじめて伝えられた言葉を いまだ気づいていない誰かに届けるよ。 命の力を燃え立たせる 幸福を追求する意識の高さを。 小さなつぶやきが波を作り出して ?髪形が決まらなくて毎朝イライラしていました ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

チュワー のプレリュード 、遠くの呼声

2015年11月19日

出会えた君と結ばれて いいんだよね?ちょっと照れるけど。 いつも感謝の心でいっぱいなんだ。 今までがそうであったように。 近くで微笑んで。温かい笑顔で。 二人だけが知っている プロミスだから。忘れちゃだめだよ。 運命は君と共にある。そうだよね。 初めて感じる気持ち が弱いもんか。自信が湧いてくるんだよ。 どれだけ大変だとしても 打ち勝ってみせるよ。 長く添い遂げた君と 一緒だからだよ。きっと。永遠にね。桜吹雪の舞い散る中に 君がいることを知ったんだ。 ?寂しそうな横顔 を見てたんだ。 君が振り向く頃にはいなかったと思うけど。 一目惚れしてから ニアミスしてばかり。ちょっと反省。 君からの影響は大きかったんだよ。 なんていうか。いっつも心の景色には 君がいたように思う。気のせいじゃないよ。 雷鳴轟く天空が 聞いたことのない惨事に見舞われていても。 幸福の意味を見出せなくても。華奢なのに勇気のある君が 激励してくれた。嬉しかったんだ。 涙を流した君が。君のその姿がいつにも増して神々しかった。 強引に伸ばされた手が 災厄から解き放ってくれたんだよ。 例えて言うなら祈祷師の祈りのように。 生きるありがたさを感じたよ。 ケーキをホールごと平らげる 君への気持ちは永遠に。 君との記憶。大切な物語。 ?でも口うるさい君は どう話せばいいのかなとか考えた。 そうだね。君のことは好きなんだけどね。 ?どうせならね。 南国のリゾートで遊ぶように 毛布を思わせる感じで頼むよ。 ?喜んだ顔は 心がぽかぽかしてくるよ。ありがとう。 楽しむことに全力投球な姿を見せられると気分がよくなるね。君はどうかな?口うるさいとこなんかね。あと 困ったときはいつも無表情になるよね。 すまないと思っているんだ。信じてよ。 気づいていないとか?こんなに楽しいのに。 ?ついつい遊びたくなるんだよ。 思慮分別のある君を大事にするよ。 たとえ世界が終焉を迎えても。 永遠を誓うよ。君への愛を。 君だけが振り向いてくれたことが 何よりも代えがたい至宝だからね。 つながった心が2人のすべてだから。 いつも思い出してほしいんだ。 密約を交わした刹那。 心がどんどん弾むようになった。 会えない日が少なくなっていって。 心が癒された。 君がいつも守っていてくれたから。 正義を貫く信念をくれたんだ。 言葉がみつからないんだ。 君だったらきっと受け止めてくれるよね。 素敵な毎日に感謝しています。綺麗なあなたに送りたいんだ。 君の存在を感じられなくなっても 颯爽と救出するからね。 君を見ることができなくなっても。 ?きっと誰よりも すぐに会えるから。ちょっと待っててね。 つないだ手を離さないで。 いつも側にいさせてね。 二人で進み行くよ。 ずっと。ずっとね。 初めて与えられた居場所のありがたさを いろんなたくさんの人々に伝えたい。 命の力を燃え立たせる 幸せの満足感を。 ささやく声が小さな波となりて ?姿勢が歪むと薄毛が進行する理由 ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

ナーシク の行進曲 、ほほえむ彼女

2015年11月18日

そう君なんだ。会えて 良かったはず。後悔はしてないよ。 感謝しない日はないんだ。 どんな事態に遭遇しても 近くで微笑んで。温かい笑顔で。 運命共同体だから。君との 約束してね。絶対だよ。 願いは叶う。きっと。絶対。 例えばこんな風に。こころ が強力なんだから。本当だよ。 たぶん大丈夫。どんな運命だって勝つはずだ。預言者じゃないけどね。 運命を共にする君と いっしょにいるんだ。何だってやれるさ。 曇天模様の空の下に 君をみつけた。 淋しそうな顔 が目をそらせなかったんだ。君のせいだよ。 あのね。君に気づいてて欲しかったんだけど。 ?その時から 嫌いになんてなれないよ。 いつも見てた。楽しかったからね。 嬉しいよ。ひまわりの笑顔をした 君がいる。そう信じてる。 花火を思い出せない夜空が 絶望を醸しだしていても。 大切な人が不幸に見舞われてしまっても。 あれは確か。君が 庇ってくれたね。痛くなかった? 出現した瞬間が 美しかった。もちろん今でもだよ。 包んでくれた優しい手が 癒してくれたんだ。心地良かったよ。 温かい光源のよう。太陽みたいなものかな。生きる喜びを教えてくれた。 日替わり定食を食べ比べる 君への想いは変わらないよ。 可愛い口が小さく動いていたね。 でもね。天下無敵の君は 困難の代表だったね。 君のわがままは苦手なんだ。 こっちがわがまま言ってもいいだろう? もっともっとやさしく 眠りにいざなってね。正義の味方を夢見ている君は なんとなくほっとするんだよね。 夢の実現に希望を燃やしている君を見ると 楽しくてどうしようもないくらいになるんだ。 他には怒りに身を震わせているのとか。 ぶっきらぼうになるところもチャーミング。 ごめんとかダメかな。楽しいけどね。 気づいていないとか?こんなに楽しいのに。 楽しませたくなるのは君だからだよ。 誰のものにもならない 君をアピールしてね。 最悪の事態だけど。会えなくなっても。 ?想いはずっと変わらないから。 こうして遭遇した運命が 神様の贈り物だと思えるから。 想いが通じた真実が愛おしいから。 いつも忘れることを恐れていてね。 ?出逢った瞬間。 心がどんどん弾むようになった。 ?心が重なって。 ?幸せを感じた。 どんなときも笑顔を絶やさなかったから。 危機を好機に変えてくれた。 なんて言ったらいいのか。 言葉にできないもどかしさだけ伝わりそうだ。 いつも感謝しているよ。 ?輝く君に送ります。 君がトラブルに見舞われても すぐに探しだすよ。 他人が君に気づかなくなってしまっても。君に危険が迫るより 早く会えると信じていてね。 ずっと遠くに行かないで。 密着していてね。恥ずかしがらないでよ。 ?2人で行こう。 遥か遠く。どこまでも。 はじめて届けられた心を満たす感情を もっとたくさんの人々に伝えていくよ。 嫌な気分が吹き飛ぶ 至高の幸福感を味わえる嬉しさを。 つぶやきがだんだんと大きくなって ?髪を美しくするシャンプーは、育毛を妨害します ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

コナクリ の賛美歌 、誰もいなくなった

2015年11月17日

いまさら言うのも照れるけど君で とても良いと思うんだ。絶対にね。 ありがとうと叫びたい。 いつもどこにいても 近くで体温を感じさせてね。 2人だけの 約束しよう。2人だけの絆にしようよ。 二人の絆だから。ほどけないから。 これが愛の力かな。心 ?が強いんだ。 たぶん勝てる。最悪の事態でも 勝つと言い切れるのは。君がいるから。 愛しい君と ?一緒なら。 夏の日差しが差し込む教室に 君をみつけた。 ?寂しそうな横顔 を見てた。綺麗だったよ。悪いけどね。 気づくという可能性もあるよね。きっと。あのときから長い間 気になっていたんだよ。嫌がらないでよ。 いつもじゃないけどね。見てたんだよ。 あのね。心の風景画には 君。愛しているよ。美しい君。 流星が涙の軌跡を描く空が たとえ恐ろしいことになっていても。 皆んなに忘れ去られてしまっても。 君の泣き笑いが 助けてくれたんだってね。後から聞いたんだ。 汗を拭うのも惜しんだ君が 華麗で。鮮烈だったよ。本当にね。 柔肌が 災難を払拭してくれた。君がだよ。 そうだね。向日葵のようなものかな。 生きる喜びを教えてくれた。 トーストをくわえてジョギングする 君が好きなんだ。果てしなく。 君との思い出。記憶の宝物。 だけど横暴な君はね 迷惑だったよ。本当はね。 君が注いでくれた愛情はまっすぐだけど。 こっちのことも考えてよ。たまにはね。 母のような温かさで 抱き締めてね。 綺麗な君が笑っているのは 祝福に値するよ。そう信じてる。 君が笑うと こっちだって嬉しくなるんだ。本当だよ。 ?でも怒った顔とか。 困った顔や怒った表情を眺めるのが趣味。 反省はしてるんだ。でも時々忘れたり。 悪かった。謝るよ。でも 反射的にかな。君で遊びたくなるんだ。 誰のものにもならない 君をアピールしてね。 最悪もう会うのが叶わなくなっても。 ずっと愛しているよ。忘れないで。 こうして出会えた奇跡が 心の底から感謝しているから。 気持ちを通わせることができたから。 どんなことが起こっても忘れないでね。 君と睨み合ったあの日から。 人生が新しく始まった気分になった。 同意することが多くなって。 あふれる生命を感じたんだ。 断絶の微笑みをくれたから。 継続は力なりを実践させてくれたね。こんな時なんて言えばいいのかな。 ぴったりの言葉が見当たらないね。 尽きせぬ感謝を。 誰からも好かれる君に送ります。 君が道に迷うことがあったとしても すぐに救援に駆けつけるよ。 君が不安な夜を過ごしていたら。 君が願うより 早く会えるはずだから。 繋いだ手の力を緩めないで。 弾んだ声を聞かせ続けてね。 2人で。2人だけで行こう。 未来永劫いつまでも。 はじめて伝えられた言葉を いろいろな人に聞いてもらうつもりだよ。 体中を熱くする 愛し続ける嬉しさを。小さな呟きが小波となって ?「湯シャン」が良いと言われたのは、なぜ? ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

カルタヘナ のロンドー 、一騎当千の君へ送ります

2015年11月16日

君といういい人に出逢えて とても良いと思うんだ。絶対にね。 いつも感謝しているよ。 心の底から祈っています。いつも もっといろんな顔を見せてね。 世界の中心で叫びたいから。プロミスだから。忘れちゃだめだよ。 絆は解けないよ。誰にもね。誰にも。 びっくりするよね。気持ち が強く激しく。誰にも負けないくらい。 あの時のように。困難が降りかかっても 勝つから。君を離さないからね。 君とだよ。他でもない君と 共にあるから。だからきっと。 あれはいつの日か。確か廃墟に かつての君がいたんだ。綺麗だったな。消え入りそうな顔 が目を逸らすことができなかった。綺麗で。 だからね。ずっと知ってたんだ。ずっとね。 瞳に映り込んだ時からかな。 ?気になっていたことを。 いつもってわけでもないけどね。見てたよ。 毎日会うことが叶わなくても心には 君がいると思う。感じるんだ。 雷鳴轟く天空が 連日の災害を連想させても。 ?恐怖に満たされているときも。 颯爽と現れた君が 守ってくれた。情けないけれど。 早足で近づいてきた君が まぶしかったよ。本当にね。 柔肌が 悲しみを忘れさせてくれた。 なんと言おうか。乳母の優しさのよう。 暖かく包み込んでくれた。嬉しかったよ。 手料理を振舞ってくれる君を愛しく思う。 君の歴史。真似なんてできないよ。周囲の迷惑を気にしない君は 難物だったよ。気づいていたんだろう? 君ときたら困ったものだからね。 君だから頼みを聞いてほしいんだ。 例えば君が爆睡するときのように 抱いてよ。わかるでしょう? 敢えて言えば勇気のみなぎる君は 誰が見ても宝石のようだよ。きっと。 跳ねるように走っていると 楽しくなるよ。ありがとね。 君が怒るのは好きなんだ。楽しいから。本気で怒った君を見ているのが楽しいよ。 ごめんとかダメかな。楽しいけどね。 ?ころころ変わる顔が楽しくて。 楽しすぎるから。 世界を変えられる力を持つような 君を誇りに思うんだ。実感してる。 最悪もう会うのが叶わなくなっても。 未来永劫。君への想いは一緒だよ。 君が絶望の淵より助けてくれたことが 幸福を教えてくれたから。 想いが通じた真実が愛おしいから。 どこに行っても忘れないでほしい。 忘れもしないあの夜のあの瞬間。 空が光り輝いた。そう思ったんだ。 会えない日が少なくなっていって。 精神が穏やかになったよ。 側でいつも支えてくれていたからね。 邪魔する人たちを跳ね除けられたんだ。 君に伝わる表現を探してるんだけど。 伝えたいことは決まっているのにね。 素敵な毎日に感謝しています。綺羅びやかな君に贈るよ。 ?君が道に迷っても すぐに応援を要請するよ。 寂しさに埋もれてしまったら。 もっとずっと 早く会えるはずだから。 他の所に言ったら駄目だよ。 密着していてね。恥ずかしがらないでよ。 ふたりがひとつになって生きて行こう。 永遠に。 君がくれた感謝の言葉を 届けたいんだ。たくさんの人に。 激情を抑える 愛し愛される幸せを。 小さな声が響きわたって ?石鹸シャンプーにも、マイナス面は多々あります ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

ジッダ のトゥッティ 、眠る子供

2015年11月15日

?君と出逢うことができて ラブソングの響きが変わったんだ。 いつだってありがとうといいたいよ。 何があっても絶対 ずっと見ているよ。もう逃がさないから。 2人の誓いだから。 約束だから。きっとね。 祈りが通じれば大丈夫。だいじょうぶだよ。初めて感じる気持ち が熱く激しく迸るよ。見てごらん。 どれほどの困難が待ち受けていようとも 勝つはずだ。預言者じゃないけどね。 認め合った2人が いっしょにいられることを誇りに思う。 美しい夕日の挑める浜辺に 君がいたことに漸く気づけたよ。ごめんね。 涙のあとが痛々しくて。泣きはらした顔 を覗いてたんだ。目が離せなくて。 君は果たして気づいていたのだろうか。 幼少の頃から。いやもっと前から 幾重も邂逅を重ねていたんだよ。 君の変化をチェックしてたんだ。 心を落ち着けたその先に 君がいたように思う。気のせいじゃないよ。 月光の寒々しい夜空が 考えられない事態に直面しても。 大切な人が不幸に見舞われてしまっても。 大好きな君の眩しい笑顔が 白くて優しい光を思い出させてくれたね。 綺麗な装飾の衣装を着た姿が 眩しくて愛らしかった。 癒し系の君の手が 居心地をよくしてくれた。 例えて言うなら祈祷師の祈りのように。 幸せをくれたね。 激辛のカレーパンをまぐまぐやる 君を歌にして語り継ぐよ。?いつも大きな口を開けていたね。 騒々しい君は。そんな君はね。 困惑の対象だったよ。君のことだよ。 ?気持ちは伝わってくるけれど。 いじわるな君よりも。 丁寧な感じで 抱きとめてくれないかな。待ってるから。 たとえていうのなら。楽しそうな君は 温かいオーラが見えるんだ。?楽しそうにしていると。 元気をありがとうな気分だよ。 暴れ方がハンパないところとか。 嫌いじゃないよ。君が怒るのは。 ごめんって。謝ってばかりだね。反省。 情緒の安定した君だからなんだよ。衝動的に意地悪したくなるんだよ。 誰のものにもならない 君をアピールしてね。 連絡手段が全くなくなったとしても。 君を大切に思っているから。 君が共感してくれたことが この上なく幸福にしてくれるから。 すべてを共有できたから。 いつも記憶を新たにしてほしい。 君の視界に留まることが多くなってから。 共鳴したのかもしれない。?心が重なって。 精神が穏やかになったよ。 君の鼓動を近くで感じられたから。 襲い来る妨害を避け続けられたんだ。 間違うことなく伝えたいんだけど。 言葉に変換できないんだ。 感謝多謝。 みんなに祝福される君にこそ送るよ。 君がどこかで途方に暮れていても すぐに応援を要請するよ。 不安な日々を送るようなことがあれば。 ずっともっと 早急に救援に行くからね。 遠くに行かないでほしいんだ。 もっと密着していてね。そうしてほしいんだ。 支え合って生きていこう。 いつまでも。永遠に。 はじめて届けられた心を満たす感情を 多くの人に伝えたい。もっとね。 精神を豊かにする 愛する人と歩く喜びを。 ささやきが共鳴して ?パントガールで分かる|育毛に効果的な成分 ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

ブザンソン の小夜曲 、食いしん坊な君へ送るよ

2015年11月14日

?君と出逢うことができて 気分がいいんだ。君もそうだろう? さんくす。ありがとね。 未来永劫に。永久に そばで笑っていてほしい。 2人だけの秘密。誰にも話さないで。 さあ。小指を出して。約束しよう。 お願いしたから。愛が続きますように。 かつてないくらい気持ち が強大になってゆく。驚いただろう? 過酷な命運にも 勝つと思うよ。心配しないで。 ?2人が ずっと一緒にいられるなら。 明朝の太陽が綺麗で。露に濡れた草原に 運命を感じた。そう。君のことだよ。 そんな君 を見ることしかできないのがきつかった。 君だって知ってたんだろう?わかるんだよ。 それとももっと前?あの時からかな? 気になってしょうがなかったんだ。 いつも目で追ってたんだ。 忘れられない 君がいる。そう信じてる。 真夜中の空が 絶望を醸しだしていても。 人に愛される喜びを忘れてしまっても。 大好きな君の眩しい笑顔が 優しさをくれたね。ふふっ。嬉しいよ。 見たことのない驚きに満ちた顔が 直視できなかった。眩しいってことさ。 白銀の癒し手が 気持よかったよ。そのつもりだったでしょう? それはまるで天使の祝福にも似て。 スープおいしかったよ。ありがとう。 手料理に舌鼓を打つ 君を愛しく思う。 君が作った歴史はすごいよ。 人の迷惑を顧みない君は 迷惑に決まってるだろう? 知ってるかな。困ってたことを。 素直な君が好きなんだけど。 例えば君が爆睡するときのように 抱きすくめられたらどんなにいいだろう。 舞い降りる雪を食べようと跳ねる君は 胸の内にぬくもりが宿るんだ。 弾んだ足取りを見ると 勇気をもらった気分だ。 怒り方が普通じゃないところとか。 生命溢れる君だから。怒り顔も素敵。 楽しい思いを独占してごめん。 気づいていないとか?こんなに楽しいのに。 なんていおうか。ついやってしまうんだ。大胆不敵な 君を誇りにしているよ。 万が一平和が乱されても。 気持ちは変わらないよ。 ?出会えた喜びが 神様からのプレゼントだから。 つながった心が2人のすべてだから。 どんなことが起こっても忘れないでね。 2人の世界が接した刹那。 影響を受けていたんだね。 容易に同調できるようになって。 この上ない幸せを感じたんだ。 君が命のリズムを刻んでくれたから。 邪魔する人たちを跳ね除けられたんだ。 君に伝わる表現を探してるんだけど。 うまい言葉が見つからないんだ。 心からありがとう。 綺羅びやかな君に贈るよ。 君が人生の岐路に立たされても すぐ見つけてあげるから。心配しないで。 君が情緒不安定になったとしても。 君が助けを呼ぶより すぐに会えるから。ちょっと待っててね。 繋いだ手を離さないで。 もっとくっついていてね。嬉しいから。 支え合いながら進もう。 この世の果てのどこまでも。 初めて気づいた気持ちを もっとたくさんの人々に伝えていくよ。 何かを変える力を秘めた 幸福で満たされる歓びを。 小さな声が徐々に大きくなって ?薄毛が気になり始めたのは、髪の分け目でした ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

ザダル の遁走曲 、静かな日々

2015年11月13日

初めから知ってたよ。君でとても良いと思うんだ。絶対にね。 サンキューの気持ち。届いたよね?愛し続けると誓うよ。だからね。ずっと そばにいてね。 君だけのぬくもりを感じたいんだよ。 あたたかい絆。守ると誓うよ。運命は君と共にある。そうだよね。 君の薬はよく効くね。メンタル が強くなるんだ。不思議なことだけど。 絶壁が立ち塞がろうとも ?勝てるよ。 好き同士だからね。こんなに 共にあるからさ。みなまで言わせないでよ。 放課後の体育館裏に 君をみつけた。 涙の筋が光って見えて。悲しげな顔 を見ることしかできないのがきつかった。 あのね。君に気づいてて欲しかったんだけど。 ?その時から 気になるさ。君のせいだよ。 いつもってわけでもないけどね。見てたよ。 忘れられない 君。いつも思っていてね。 快晴を忘れてしまった空が 信じられない色に染まろうとも。 ?恐怖に満たされているときも。 ころころと笑う君が 優しさをくれたね。ふふっ。嬉しいよ。 太陽の恵みを体中に浴びた君が いつにも増して神々しかった。 癒し系の君の手が かわいがってくれたね。忘れないよ。木漏れ日みたいで。本当に。 微笑みながら抱擁してくれたね。 こしあんと粒あんを見比べる 君が好きなんだ。 いつも遠慮なくモリモリ食べていたね。 台風のような君はね。 嫌いになりそうだったよ。 そうだね。君のことは好きなんだけどね。 嫌いになるわけじゃないんだよ。 できるだけ柔らかく 包み込んでくれると嬉しいな。 綺麗な君の微笑む姿は ?心が和むよ。 思いっきり叫ぶ君を見ると はりきっちゃうよ。 口うるさいとこなんかね。あと 君を困らせるのがこっちの生きがいだから。すまない。困らせるつもりはないんだけど。 情緒豊かな君だから。だからだよ。 ついね。遊びたくなるんだ。 困っている人を見過ごせない ?君でいて。 たとえ世界中が敵に回ろうとも。 未来永劫。愛続行。誓ってね。 君が認めてくれたことが この上なく幸福にしてくれるから。 気持ちを通わせることができたから。 いつも記憶を新たにしてほしい。 2人の世界が接した刹那。 ?運命が変わったんだ。 共感できるようになって。 この上ない幸せを感じたんだ。 君の鼓動を近くで感じられたから。 襲い来る妨害を避け続けられたんだ。 君に届ける言葉を選んでいるんだけどね。君だったらきっと受け止めてくれるよね。 絶えない愛情を。 誰からも好かれる君に送ります。 君が事件に巻き込まれてしまっても 時をおかず救出に向かうよ。 君が情緒不安定になったとしても。 きっともっと 早く合流するから。 どこにも行かないで。 いつも側にいさせてね。 2人で。2人だけで行こう。 どこまでも。果てしなく。 好きな君が注いでくれた愛情を ?みんなに伝えるよ。 胸をいっぱいにしてくれる 永遠を感じる幸福の気持ちを。 小さな声が響きわたって ?「湯シャン」が良いと言われたのは、なぜ? ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

モンテビデオ のファンタジア 、可愛い君へ送るよ

2015年11月12日

?君と出逢うことができて 偶然が運命に変わったんだよ。 感謝しない日はないんだ。 これからもずっといつまでも 鼓動を聞かせてね。君のメロディーを。 君に誓うよ。永遠を願う 君との約束。嬉しいよ。 お願いしたから。愛が続きますように。 これが愛の力かな。心 が弱かったなんて信じられないよ。 どんな強大な敵が待ち受けていようとも 勝つよ。絶対。君が応援してくれるなら。 君のことだよ。忘れないで。君と 共にあるからさ。みなまで言わせないでよ。 遭遇したのは確か。霧雨の森に 君がいたんだよね。一目惚れかな。 淋しそうな顔 を覗いてた。そんなつもりはなかったけれど。 ?君は気づいていたのかな。 あのときから長い間 気になってた。正直言うとね。 見ている時間が楽しかった。ほんとにね。 心のキャンバスにはいつもね。 君がいてくれるよね。ずっとだよ。 月光の寒々しい夜空が 考えられない事態に直面しても。 例えばそう。最悪の事態であっても。 君だよ。忘れもしない君が 優しさをくれたね。ふふっ。嬉しいよ。 輝かしい装いが 勇者に見えた。君のことだよ。 夢へ誘うかのような君の両手が 寵愛をくれた。幸せを感じたんだ。 あたかもお日さまのように見えて。 微笑みをありがとう。幸せを感じたよ。 手料理に舌鼓を打つ 君に首ったけ。歌うよ。 可愛い口が小さく動いていたね。 台風のような君はね。 迷惑。知らないわけじゃないだろう? 君のためならとか思うけどね。 嫌いになんてならないけど。 南国のリゾートで遊ぶように 加護を。天光の。君のだよ。 正義の味方を夢見ている君は 心がぽかぽかしてくるよ。ありがとう。 君がいつも笑顔だから 君に会えて良かったと思う。 あとヒステリックなところなんかね。 照れたらポーカーフェイスになるのが好き。 ごめん。いくら謝っても許せないかな。 ?ころころ変わる顔が楽しくて。 遊びたくなるのは君が魅力的だからさ。 誰が見ても愛らしい 君であり続けてね。勇気を貰えるから。 万が一世界を恐慌が支配しても。永遠を感じているよ。君への想いを。 君が共感してくれたことが 本当に嬉しいと感じられるから。 気持ちを通わせることができたから。 忘れないと誓ってね。 あの時邂逅した刹那。 第二の人生が始まった。 気持ちが通じ合って。 君のすべてを知ったよ。 君が命のリズムを刻んでくれたから。 継続は力なりを実践させてくれたね。君に伝わる表現を探してるんだけど。 言葉にできないもどかしさだけ伝わりそうだ。 すてきな日々をありがとう。 天使のようにかがやく君に送ります。 君が事件に巻き込まれてしまっても 直ちに探し出してみせるよ。 他人が君に気づかなくなってしまっても。ずっと 早く会いに行くと誓うよ。 他の所に行かないで。お願いだから。 もっとくっついていてね。嬉しいから。 2人だけで進もう。 果てしなく。 君がくれた感情を もっとね。多くの人に届けたい。 胸をいっぱいにしてくれる 至高の幸福感を味わえる嬉しさを。 小さな声が徐々に大きくなって ?シャンプーの姿勢に、こだわる理由 ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03

キエフ のオブリガート で悲哀を表現しよう

2015年11月11日

君といういい人に出逢えて とても良いと思うんだ。絶対にね。 いつも感謝しているよ。 君が愛しいから。ずっと 君の鼓動を聞かせてね。 だれにもいわないで。 君との約束。嬉しいよ。 祈りは届くよ。祈り続ければ。 あとね。君のせいかな。こころ が強い。信じられないくらいにね。 どれほど悲惨な目に逢ったとしても 勝つと言い切れるのは。君がいるから。 長く添い遂げた君と 一緒だからさ。2人の力は強いんだ。 ?霧雨の降り注ぐ草原に 女神かと思ったよ。本当にね。 泣くのを我慢していたね。そんな君 を見てた。綺麗だったよ。悪いけどね。 あの時の君には気づく余裕はなかったはず。 それとももっと前?あの時からかな? 気になっていたんだよ。嫌がらないでよ。 ずっと見ていると時間の流れを忘れたよ。 脳裏に焼きついて離れない 君がいてくれるよね。ずっとだよ。 月明かりの見えない闇夜が 曇っていようとも。 例えばそう。最悪の事態であっても。 見飽きた君の呆れたような顔が 助けてくれたんだってね。後から聞いたんだ。 涙を流した君が。君のその姿がまぶしかった。見えないくらいにね。 癒し系の君の手が かわいがってくれたね。忘れないよ。それはまるで女神の寵愛のようで。 スープおいしかったよ。ありがとう。 激辛のカレーパンをまぐまぐやる 君を愛おしく思うよ。最高にね。 幸せを表現してくれたね。 でもね。唯我独尊な君はね 苦手。当たり前だろ。すごくね。 君が想いを寄せてくれたけれどね。怒った顔が嫌いなわけじゃないんだよ。でも ?もっと優しく 気持ちよくしてほしい。いいだろ? 怒った顔を決して見せない君は 心がぽかぽかしてくるよ。ありがとう。 楽しむことに全力投球な姿を見せられると気分がよくなるね。君はどうかな?他には怒りに身を震わせているのとか。 ?無表情を装っているのも好きなんだ。 からかってごめん。反省してるってば。 でも楽しすぎて。君には悪いけど。 ついね。やめられないんだ。おもしろくて。 みんなに大人気の 君を誇りに思わせて。 たとえ万策尽きたとしても。 ずっと気にかけてる。心配しないで。 こうして繋いだ手が かけがえのない宝物だからね。 想いが通じた真実が愛おしいから。 覚えていると誓ってね。信じてるから。 同盟を結んだ瞬間。 視界に映るすべてが眩しかった。 気持ちが通じ合って。 生きる喜びを初めて知ったような気がする。 君の温かさが支えてくれたから。 行く手を遮る障害を飛び越せたんだ。 どのように表現したらいいのだろう。 言葉にできないもどかしさだけ伝わりそうだ。 いつまでも温かい気持ちを。 たおやかな君に送るよ。 君の方向音痴が克服できなくても 直ちに探し出してみせるよ。 君が不安な夜を過ごしていたら。 きっともっとだれよりも 早く助けるよ。そうしたいんだ。 手を繋いでいてね。 いつまでも側にいてほしいんだ。 2人で歩いて行こう。 永遠にいつまでも。 君が届けてくれた温かい心を いまだ気づいていない誰かに届けるよ。 能力が開花するかのような 絶頂に達する幸せを。 ささやきが波紋を作って ?スタイリング剤が薄毛を進行させる、って本当? ?[NICE]   


Posted by jukumon at 02:03